年齢退行療法コース6日間

講座の特長

  1. ほとんどのケースに対応できる年齢退行療法の各種癒しの方法・技法が身に付き、自信を持って年齢退行療法を施術できるようになります。
  2. 年齢退行療法以外の様々なヒプノセラピーの癒しの方法・技法を学びます。
  3. 精神性を磨き自主性主体性を持ち、自律した生き方へと促します。
  4. クライアントの課題に寄り添うことで、魂の完全なる秩序と愛を深く理解していけることでしょう。
  5. これまで自身を不自由にしていたこだわりや執着、人間関係の確執、原因不明の心身の問題などが解消したりします。また、人生に訪れる新しいステージへとスムーズに移行していけます。
  6. 必然で巡り合った受講生同士の深い愛からの交流は、その後の人生においてかけがえのない体験となり、あなたを大いに励まし、力と支えになることでしょう。
  7. 創造的に生きられるようになります。

この講座は以下の方が対象です

米国催眠療法協会(ABH)認定、もしくは米国催眠士協会(NGH)認定のヒプノセラピー・ベーシックコース修了者 / 日本ヒプノ赤ちゃん協会認定の「ヒプノ赤ちゃん」「ヒプノ未妊セラピー」プラクティショナー / 既にヒプノセラピストとして開業している方 / 当アカデミーとは別の機関で催眠療法の基礎を学んでこられた方 / 以上のいずれかに該当する方

カリキュラム

  • 催眠療法の基礎とおさらい
  • 心理の洞察
  • 精神性の見極め
  • 寄り添いの技術
  • 年齢退行療法
  • 階段法
  • 感情の架け橋
  • インナーチャイルド退行
  • ベール法と3つの助言者
  • 幼児期退行療法
  • 胎児期退行療法
  • 感情解放療法
  • 潜在意識対話法
  • 学校でのトラウマを癒す
  • パートナーシップを癒す
  • 恋愛の傷を癒す
  • 自律した精神の構築
  • ブレイクスルーの技法
  • パーツセラピー(分身療法/サブパーソナリティー療法)
  • インナーファミリー療法
  • インナーパートナー療法
  • グレートマザー、グレートファザー療法
  • 悲嘆療法(グリーフセラピー)
  • NLPの恐怖症対処法
  • 感覚点移動法
  • 棚移管法
  • アンカー潰し
  • 年齢退行療法や各種感情解放療法で注意すべきこと
  • 人格交代の技法
  • 実技演習など

コース内容の詳細

講義
  1. 講義ではまず、参加者の自己紹介、そして催眠についての理解を深めることからスタートします。
    ■催眠について
    顕在意識と潜在意識/顕在意識と顕在意識の間のルール/催眠状態とは/催眠の深度
    ■年齢退行に相応しい催眠の深さとは
  2. 次に、年齢退行療法を行う上での論理面や施療面での仮設・前提について学びます。
    ■年齢退行療法とは何か
  3. 年齢退行療法のプロセスを学び、各ステップごとに検証していきます。
    ■年齢退行療法のプロセス
    年齢退行療法での事前面談と臨床面談/被暗示性テスト/催眠誘導/イメージの回路を開く/退行誘導/トラウマ想起/感情・感覚の再体験/その出来事に対する新しい理解/当事者への思い/当事者への許し/その出来事に対する新しい感情・感覚 の植え込み/トラウマからの解放/本来の自分確認/方向づけ・ビジョン/成功のイメージの植え付け/アファメーション/後催眠暗示/解催眠/事後面談
  4. 年齢退行療法で用いられる各種技法を身につけます。
    階段法/感情の橋/インナーチャイルド/ベール法と3つの助言者/潜在意識での対話法/人格交代/許しの療法/エンプティチェア/胎児期退行/グレートマザー、グレートファザー療法
  5. 関連する重要な技法としてパーツセラピー(分身療法/サブパーソナリティ療法)、インナーファミリー療法、悲嘆療法(グリーフセラピー)なども学びます。
  6. 全ての工程(ステップ)を学んだ後で、年齢退行療法の成功にとって必要なこと、失敗のない年齢退行療法を行う上での重要なポイントを確認し、年齢退行療法を避けるべきケースなどの注意すべきことも学びます。
実技演習
  1. 初日は参加者の自己紹介と講義だけで実技練習はありません。
  2. 二日目以降は実技練習の場を設けます。実際にペアを組んでの実践的な練習を行います。
その他
  1. テープレコーダー等の持ち込み録音は自由です。但し、自己紹介や実際の療法の実技練習中での録音はプライバシーの問題がありますのでお控え下さい。ビデオ撮影はできません。

講座を修了すると

日本ヒプノセラピーアカデミー・イシスより認定証を授与されます。

Page Topへ